FC2ブログ
 

OPEN AREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真講評

DSC_0280.jpg

リンクにも在る茂木健一郎の日記より




work life バランスならぬ、
散文と詩のバランスが大切だと見上げた
満月に思う。

世間で流通しやすいのはproseである。
しかし、poetryを忘れる時、
魂は乾く。

胸の中にある詩は、
ひとそれぞれに不思議な音を奏でる。




この人のこういう言葉がすごく好きだと思う

哀しい期待に胸が荒んだときにはこういう人にそばにいてほしい


今日は写真演習課題1の講評
テーマは特になくて 「自由に撮る」

構図は褒められる
カメラの使い方でアドバイスを受ける

正直自分なりにはまだまだだけど 磨けば光る写真だと思ってる

もっと貪欲に行こうと思う
写真は狙って撮ってなんぼなのだ

撮った写真からそれを見る人が何かを感じる写真は
素晴らしい小説や詩や絵画と同じだと思う

DSC_0343.jpg

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。